住所・交通アクセス

〒879-7125 大分県豊後大野市三重町内田984-2

 

電話 0974-22-7280 FAX 0974-22-3376

 

三重町の交通の要所である『市場ロータリー(国道326号線と県道519号線の交差点)』からトキハ三重町店がある「トキハ通り商店街(通称 三重町トキハ通り)」を通り、三重川の重政大橋を渡った左手にあります。すぐ近くに豊後大野警察署、三重中学校、豊後大野市役所が立地している環境です。また豊後大野警察署の西側に病院第2駐車場があります。病院前の駐車場が混んでいる際にお使いください。

アクセスマップ

 

(JR三重町駅から車で約3分)

 

JR三重町駅の正面から目抜き通りの県道519号線を通り、市場ロータリーからトキハ通り商店街(通称:三重町トキハ通り)に入り、三重川を渡ったすぐ左手です。

三重町の国指定重要文化財、虹澗橋(こうかんきょう)をイメージしたJR三重町駅。昨年から駅舎の色が、それまでの白と青から、アースカラーのブラウンとベージュ仕様になりました。
三重町の国指定重要文化財、虹澗橋(こうかんきょう)をイメージしたJR三重町駅。昨年から駅舎の色が、それまでの白と青から、アースカラーのブラウンとベージュ仕様になりました。
↑三重町の市場ロータリーからトキハ通り商店街(通称:三重町トキハ通り)を真直ぐに進みます。(三重町駅からの県道519号線側より撮影)
↑三重町の市場ロータリーからトキハ通り商店街(通称:三重町トキハ通り)を真直ぐに進みます。(三重町駅からの県道519号線側より撮影)
三重町トキハ通りを進んで、三重川に架かる重政大橋を渡ったすぐ左手にあります。写真右遠方に見える白い建物が、豊後大野警察署です。
三重町トキハ通りを進んで、三重川に架かる重政大橋を渡ったすぐ左手にあります。写真右遠方に見える白い建物が、豊後大野警察署です。
豊後大野警察署
豊後大野警察署

 

(豊後大野警察署から徒歩で約1分)

 

みえ記念病院は、豊後大野警察署から緩やかな坂を下って、徒歩で約1分の距離にあります。なお、豊後大野警察署の西側に病院の第2駐車場があります。病院前の駐車場が満車の場合にご利用ください。

当院前の道路の坂を上った三重中学付近からみた風景です。左手前の国旗がある建物が豊後大野警察署で、その向こうが豊後大野市役所、写真真ん中遠方(西側)に冠雪している久住山が見えます。
当院前の道路の坂を上った三重中学付近からみた風景です。左手前の国旗がある建物が豊後大野警察署で、その向こうが豊後大野市役所、写真真ん中遠方(西側)に冠雪している久住山が見えます。
当院2階から南側を見た朝(上)と夕方(下)の風景です。写真の右手(南西側)から、豊後大野市役所、文化財の久丸屋酒舗、エイトピアおおの、豊後大野市民図書館が見えます。遠方(南側)にはユネスコエコパークに認定された傾山や祖母山が見えます。当院のある三重町内田周辺は、戦前まで久丸屋酒舗で日本酒が製造され、戦後も大石とうふ店が開業(三重町市場から移転)するなど、水の産地としても知られています。
当院2階から南側を見た朝(上)と夕方(下)の風景です。写真の右手(南西側)から、豊後大野市役所、文化財の久丸屋酒舗、エイトピアおおの、豊後大野市民図書館が見えます。遠方(南側)にはユネスコエコパークに認定された傾山や祖母山が見えます。当院のある三重町内田周辺は、戦前まで久丸屋酒舗で日本酒が製造され、戦後も大石とうふ店が開業(三重町市場から移転)するなど、水の産地としても知られています。
当院屋上から北側を見た風景です。三重川沿いの桜並木の遠方に、大分県立三重高校(現在は藤華医療技術専門学校リハビリ学館)の建物や、写真の左手(北西側)にはトキハ三重店の駐車場が見えます。
当院屋上から北側を見た風景です。三重川沿いの桜並木の遠方に、大分県立三重高校(現在は藤華医療技術専門学校リハビリ学館)の建物や、写真の左手(北西側)にはトキハ三重店の駐車場が見えます。